法科大学院ガイド

早稲田大学法科大学院
私立(共学)東京 ワセダダイガク

研究科長メッセージ

人と社会と世界に貢献できる優れた法律実務家を養成

研究科長
●松村 和徳 教授

 早稲田大学大学院法務研究科では、幅広い教養、高度な専門性、国際性などを身につけられるように、基礎的な倫理教育を重視しつつ、企業法務・知的財産・環境などの先端的分野を含む豊富な科目を開講しています。現実の法律相談を受けるリーガルクリニックや外部の法律事務所、企業法務部などで法実務を体験するエクスターンシップも充実させ、実務と理論の緊密な連携教育を行っています。また、「アカデミック・アドバイザリー制度」や「早稲田リーガルコモンズ・プロジェクト」などにより、学修を強力に支援しています。
 経済的なサポートとして、稲門法曹奨学金をはじめとした多種多様な学内の給付奨学金が用意され、毎年多くの学生がその希望に従って奨学金を受給しています。
 2016年度から「人材発掘」入試の合格者が法学既修者として入学できる制度を導入するなど、入試改革も積極的に進めています。2018年度からは大学の学部3年次の出願者を対象として、20?30名を採用する「学部3年次生特別入試枠」を設け、優先的に奨学金を給付します。この入試は夏・冬の2回、出願する機会があり、少しでも早く法曹の道に進む学生を受け入れています。

2020年度入学者選抜試験 概要

○出願期間:7月4日(木)~12日(金)
○論述試験:
 (未修)8月25日(日)
 (既修)8月24日(土)、25日(日)
※2020年度入試要項・研究科案内は4月中旬から配付開始。詳細は入試要項をご覧ください。

2019年度 入試結果

◎志願者数:未修者試験261人、既修者試験609人
 「人材発掘」入試94人
◎合格者数:未修者試験74人、既修者試験335人
 「人材発掘」入試38人

平成30年 司法試験結果

◎受験者数:301人 ◎合格者数:110人

説明会

◎6月中旬(予定)
詳細は、本学WEBサイトをご覧ください

PAGE TOP