全国大学院特集

共立女子大学大学院
私立(共学)東京 キョウリツジョシダイガクダイガクイン

文芸学研究科

文芸学研究科は、文芸学専攻のもと4領域を学べる教育研究体制を整え、文学・芸術およびそれらのメディアやそれらと関連する文化・思想・社会に関して、深く広く研究して高度な学識を習得し、文化の発展に寄与できる、有能で創造性に富む人材の養成を目的にしています。

文芸学専攻 修士課程

●日本文学領域
古代から近・現代までの各時代の日本文学作品について、実証的な立場から研究を行います。詩歌・物語・小説・言語などの幅広い分野を系統的に受講できるのが特色です。また、少人数制の授業により、院生自身が設定した研究テーマについて深く掘り下げることができます。修士論文の作成には、教員がきめ細かく指導をしています。

●演劇学領域
演劇の本質と、西洋および日本の古典劇、現代劇などに関する授業を通じて演劇の理論と歴史を研究します。演劇を成り立たせる、演劇空間の成立と特色、舞台美術の本質など、ほかの文学・芸術とは異なる要素も含めて、多角的な研究が可能です。また、戯曲および演劇論の講読では、原書に接する機会が多く、世界を視野に入れた専門性を養えます。

●英文学領域
英米文学と英語学に関する、少人数クラスによるきめ細やかな指導を特色にしています。英語の修士論文執筆に向けては、複数のネイティブスピーカー教員が綿密な指導を行っています。学部から引き続き学びたい学生から、生涯学習として研究の世界に触れたい方まで、幅広い年代層が学べる場を提供しています。また、本領域を修了することで中学校・高等学校教諭専修免許状「外国語(英語)」を取得することが可能です。

●文芸学領域
文学・芸術・メディアに関する高度な専門的知識と幅広い視野を活かし、社会的ニーズの高いメディア関係、あるいは国際的な文化交流事業等に携わる人材の養成を目指しています。フランスの文学と文化、中国の文学と文化、美術史、文学・芸術と歴史との関わり、メディア関係など、多様な科目を設置しています。

PAGE TOP