全国大学院特集

共立女子大学大学院
私立(共学)東京 キョウリツジョシダイガクダイガクイン

家政学研究科

家政学研究科は、被服学、食物学、建築・デザイン、児童学の4専攻を開設し、研究能力と高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を身につけ、社会に広く貢献する、自立した人材の育成を目的にしています。

被服学専攻

「衣」を中心とした科学技術の進歩と文化の向上に寄与できる人材を養成しています。専門分野は被服管理、被服環境、被服心理、被服造形、被服意匠、服飾美学など、自然科学から社会科学にまで及び、広い視野と柔軟な思考、知性と情操を身につけることができます。

食物学専攻 博士前期課程

栄養学、栄養生理学、食品学、調理学など、食物・栄養学分野における専門基礎の充実をはかりながら、専門性の高い指導教員のもとで2年間にわたって特別研究に取り組みます。最先端の知識・技能を習得しつつ研究者としての基礎を固める研究も行います。

建築・デザイン専攻 博士前期課程

創造性豊かな生活を提案できる「高度な総合化能力」を養う実践的な教育研究を行っています。建築空間計画、環境デザイン、都市景観デザイン、住生活デザイン、プロダクトデザイン、伝達デザイン、パブリックデザインなど、広範囲にわたる研究により「建築とデザインの融合」をはかることができます。

児童学専攻 博士前期課程

児童を対象にする教育と福祉、発達、臨床などの幅広い分野の教育研究を通して、最先端の専門的知識と技能の修得を目指します。指導教員のもとで2年間の特別研究を行い、児童学領域の研究者、実践者にふさわしい基盤を形成します。

人間生活学専攻 博士後期課程

人間生活学専攻では、研究者養成を目的とし、生活主体者である人間について自然科学的および文化的・社会科学的に考察することで、生活を構成する諸領域を総合的に理解する指導を充実させています。専門領域は人間生活論領域と生活科学領域で、前者には身体機能論、生活主体者論、生活文化論、後者には食生活素材論、衣生活素材論、食生活計画論、衣生活計画論などの科目を設置しています。
男女問わず、社会人や留学生も学んでいます。

PAGE TOP