全国大学院特集

京都橘大学大学院
私立(共学)京都 キョウトタチバナダイガクダイガクイン

健康科学研究科

心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資する人材の養成

健康科学研究科健康科学専攻は、少子高齢化が著しい現代の日本社会において、小児・青年・成人・高齢者などの人々の心身の健康の向上と新たな充実した生き方の創出に資するために、こころとからだに心理学や理学療法学の視点からアプローチし、横断的統合的研究を推し進め、それらを社会に還元することを企図して開設されました。心身の疾病や障害の予防、機能回復のリハビリテーション、さらには障害を抱えつつも心豊かに積極的に社会生活を送ることを支援できる人材養成をめざしています。理学療法学コース、臨床心理学コース、心理学コースの3コースを設定し、最新の知識・技術と研究力を有する理学療法士、医療・福祉・教育の現場で人々を支援し問題解決や成長を図る臨床心理士、企業において職場のメンタルヘルスや消費者行動の探究に貢献できる専門的職業人を養成します。
本研究科では、人間を生物心理社会的存在と捉えるホリスティックな視点から、理学療法学と心理学のそれぞれの専門性を究めるために、身体や身体性についてもまた心理的側面についても統合的に追究することが必要かつ有効と考えています。理学療法学・臨床心理学・心理学の研究者と大学院生が、基礎となる知識を共有し、交流し、そこから互いにインスピレーションを得て、健康科学研究を産出してゆく学府を築いてまいります。

健康科学研究科の人材養成目標

◎理学療法学コース
生活機能障害系理学療法、運動器障害系理学療法、脳機能障害系理学療法の各分野における高度な専門的知識や技能を有する実践能力を持ち、かつ、その実践の裏づけとしての知見を自身で検証できる高度専門職業人を養成します。すなわち、理学療法に関する高度な知識を身につけ、自身で研究を進めることができ、それらを背景としてチームにおいて指導的役割を果たすことができる理学療法士を養成します。
◎臨床心理学コース(臨床心理士指定大学院〈第1種〉)
臨床心理士や国家資格である公認心理師資格を取得して、医療・福祉・教育・司法・産業などの現場で人々の心身の健康を支援する人材を養成します。障害を持つ子どもの療育・教育や学校への適応や家族への支援、精神科のみならず内科・小児科・整形外科・形成外科などのさまざまな医療分野における患者支援、高齢者福祉の場における心理面や生活の支援、産業場面における企業内の心理相談などを担当する心理職への道が想定できます。
◎心理学コース
脳科学と接する行動神経科学や行動分析学による健康科学の基礎的実証的研究を担う研究者、社会・産業心理学における組織研究による就労場面での心身の健康管理に貢献する人材や、心理学の知識・スキルを活用して健康向上に役立つ商品開発やその広報に貢献できる企業人、幼児・児童・生徒の心理面への深い理解と学校適応への支援に優れた教員といった高度な専門性を持つ職業人を養成します。心理学の研究者をめざす人には、他大学大学院の博士課程へ進んで研究を深められるよう指導します。

「臨床心理士」「公認心理師」のダブル取得が可能

臨床心理学コースは、公益社団法人日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院となっています。また、公認心理師法の定める「大学院における必要な科目」を配置しており、修了時に臨床心理士および公認心理師両方の受験資格を取得可能です。学内に設置する「心理臨床センター」や学外の病院、学校、福祉施設などで実習を行い、臨床心理活動に必要な能力を実践的に身につけます。
※公認心理師受験資格を得るためには大学にて「学部における必要な科目」を修得し卒業していることが必要です。

PAGE TOP