全国大学院特集

松蔭大学大学院
私立(共学)神奈川 ショウインダイガクダイガクイン

経営学研究科

経営管理学専攻 修士課程

<アドミッション・ポリシー>
経営管理研究科は、幅広い知識とその知識を基に専門分野における実践能力を身につけ、社会を取り巻く諸問題を見つけ出し、その内容を理解し、解決することに関心を持ち、幅広い知識を活用して貢献する人材を育成します。
松蔭大学大学院が掲げる教育理念や教育目標を達成するために必要な以下の素養を備えている人を求めています。
 1.マネジメントの知識と実践力を高め、新たなビジネスプランを創造したい人。
 2.自らの可能性を広げるために、高い意欲を持って経営管理学を学びたい人。
 3.会計・税務について、高い意志を持って学びたい人。

●社会で活躍する修了生たち
本大学院は、「知行合一」に基礎を置く実践教育の一貫した教育を通じて、「実践型のビジネスパーソンとスペシャリスト」を育成し、今日まで多くの修了生を社会に送り出しています。
その修了生の社会における実績から見て、本大学院には次の三つの特徴があります。
 ①スペシャリスト・プロフェッショナルの育成。
 ②「税理士試験における一部科目受験免除」の取得を通じて税理士資格の取得者を輩出。
 ③週末(土曜日1限~5限)の講義・演習で、大学院の修士課程を2年間で修了可能。
修了後は、ICT業界におけるシステム・エンジニア、企業内部での個別のシステム・メインテナンス業務から幅広いシステム・デザイン業務に移動して活躍している修了生もいます。他大学の大学院博士課程に進学することも可能です。

<カリキュラム・ポリシー>
経営管理研究科では、以下の方針に基づき研究科の教育課程を編成し、実施し、基盤的能力及び専門的能力を備えた高度な専門職業人を育成します。社会に貢献できる高度な専門知識・技能を身につけた人材を養成します。
 1.深い見識と専門分野に立脚した見方・考え方を身につけるため、講義・応用科目群と演習科目群を学びます。
 2.両科目群に経営・経済系、会計系、企業法務系を配し、深い学問を修得できるように設定された科目を学びます。

●「経営・経済」、「会計」、「企業法務」系
マネジメントに関する高度な専門性と責任感、倫理観を持ち、日本の企業組織や経済社会の発展に貢献できる人材の育成を目的とします。
経営・経済、会計、企業法務系の中から、適切な演習科目を中核に据えて、他の講義・応用科目を選択し、「相互促進・融合効果」を最大限に享受することができます。

●設置科目
(演習科目群、 講義・応用科目群)
○経営・経済系
戦略経営演習、戦略経営講義・応用、経営管理演習、経営管理講義・応用、国際経営比較演習、国際経営比較講義・応用、マーケティング演習、マーケティング講義・応用、人的資源管理論講義・応用、現代マネジメント講義・応用、IT経営実践講義・応用、消費経済講義・応用、応用計量経済学講義・応用
○会計系
財務会計演習、財務会計講義・応用、原価計算演習、原価計算講義・応用、管理会計演習、管理会計講義・応用、企業評価演習、企業評価講義・応用、環境会計講義・応用、財務諸表講義・応用
○企業法務系
民法演習、民法講義・応用、企業法演習、企業法講義・応用、租税法演習、租税法講義・応用、経済法講義・応用、企業契約法講義・応用、企業犯罪講義・応用

<ディプロマ・ポリシー>
経営管理研究科では、わが国の多様な文化と技術の創造と伝承を基盤とし、経営管理について深く学び、地域に根ざし世界へ発信する研究機関として、学術、文化の向上と豊かで健全な社会の発展に貢献する人材を高度な専門職業人として社会に送り出すことを理念・目標に掲げ、以下の基盤的能力及びさらに高度な専門能力と卓越した実践を備えている人に修士の学位を授与します。
 1.社会に貢献できる経営についての高度な専門的知識・技能を身につけている人。(知識・技能の修得)
 2.より深い専門分野について、論理的に思考し、判断し、豊かに表現できる人。(思考・判断力・表現力の育成)
 3.より高い倫理観に基づいた社会的責任を身につけている人。(学びに向かう力・人間性の涵養)

PAGE TOP