全国大学院特集

拓殖大学大学院
私立(共学)東京 タクショクダイガクダイガクイン

言語教育研究科

国際化が進む社会で活躍する研究者、専門的職業人を養成

言語教育研究科の特徴は、情報の発信・伝達に必要な言語の知識やその運用能力の向上に加え、新しい視点に立った研究手法の提示にあります。
それは、言語教育に関する科学的な基礎研究の推進を意味し、英語と日本語について文法論、音韻論、意味論、語用論などからアプローチしていくと共に、「対照言語学」「言語学特論」などの科目を通じて言語に関する高度な教育を展開しています。また、英語と日本語を“言語教育”という観点から実質的に捉え、言語教育の現場で不可欠な、実践的な言語の教授法や教材の作成、評価法などを、講義・実習を通じて少人数のアットホームな雰囲気の中で修得できる内容となっています。
本研究科が目指しているのは、国際化が進んだ社会において高度な言語知識を有し、コンピューターの活用や教材開発にも秀でた言語教育の研究者、現職教員の再教育を含めた専門的職業人を養成することです。そのため博士前期課程では、言語の本質を追究する「言語学理論」、教育実践上不可欠な技術やノウハウを研究する「言語教育学」や「言語情報処理」、各言語の運用能力の向上を図る「言語運用」などの科目をカリキュラムに反映しています。
さらに専門領域を学際的・統合的に学ぶため「各分野共通科目」を置き、幅広い視点から言語教育をとらえていくことができます。博士後期課程においては、博士前期課程2専攻での研究成果を踏まえながら、さらに高度な教育研究へと向かいます。

英語教育学専攻(博士前期課程)

英語教育学専攻は、英語力、教授理論、国際理解のための教育のあり方、コミュニケーションの本質、教育機器の研究、教材開発といったことをベースにした総合的な教育研究を目指しています。カリキュラムの柱として、「英語教育学」「言語学・英語学」「英語コミュニケーション学」の3つの教育研究分野を中心に据えて研究活動を展開しています。
わが国の英語教育の目的は、鎖国体制の維持・国防のためから欧米の近代的学問の摂取へ、さらに国際理解およびコミュニケーションへと変化してきています。また、教授法についても、文法や訳読に重点をおいた方式から、耳と口の訓練が主体となる音声重視のAL(Audio-Lingual Approach)系の教授法へ、さらにコミュニケーションを授業の中心に据えるコミュニカティブ・アプローチや、コンピュータを活用したCALLへと変化してきました。
そしてなお、英語教育の教授理論や技術の開発研究は日進月歩を遂げており、常に先進的な情報の収集を心がけ、グローバルな視点から英語教育のあり方を科学的に追究しています。

日本語教育学専攻(博士前期課程)

日本語教育学専攻は、日本語という言語そのものはもとより、学習する心理面や異文化対応の面をも視野にいれた教授方法、日本文化の本質、日本と欧米やアジア地域との文化比較、教育機器の研究開発などについて、実践的かつ科学的な教育研究を行っています。
バブル崩壊後、やや地盤沈下気味とはいえ、日本経済は世界に影響を与え、アジア諸国をリードする存在であることは変わっていません。そのため、世界から日本への「関心」は、いまでも低くありません。とくに、日本文化や日本人の意識構造の基礎となっている「日本語」に対する興味や学習熱はまだまだ拡大傾向にあり、世界中の日本語教育機関で学ぶ人は200万人を超えています。
このように日本語学習熱が沸騰している背景を踏まえ、日本語という言語そのもの、さらには学習する側の心理面や異文化対応の面にも配慮した教授法、日本文化の本質、日本と地域の文化比較、教育機器の開発などに取り組んでいます。現在、本専攻からは高度な日本語の知識、運用能力をもった研究者や教員が数多く誕生しています。

言語教育学専攻(博士後期課程)

言語教育研究科の博士後期課程は、1997年に設立された言語教育研究科修士課程(現・博士前期課程)が初の修了者を送り出す時期に合わせて、その上級にあたる教育・研究を行うために1999年に発足した大学院です。博士前期課程においては、2専攻に分かれて個別言語ごとの特殊・専門的テーマの追究を主に行い、続く博士後期課程では、言語教育という学究テーマを持つ両専攻を統合して緊密な関係のもとに高度な研究を行います。
教育研究手法は、大学院生が指導教員のアドバイスを得ながら各自研究テーマを展開していく「特別演習」が中心になります。それを支える分野として「英語教育学」「日本語教育学」「言語学」の特別研究(各3講座)を設けています。
さらに、博士後期課程では普遍的な言語教育研究を志向していることから、上記3領域に加えて、アラビア語、インドネシア語、ロシア語、タイ語など14言語の語学講座や、博士前期課程で共通分野に設けている「外国語授業科目」、あるいは外国語学部中国語学科、スペイン語学科の授業科目の中から選択できるようになっています。

PAGE TOP