全国大学院特集

拓殖大学大学院
私立(共学)東京 タクショクダイガクダイガクイン

地方政治行政研究科

地方政治行政専攻(修士課程)  昼夜開講

今日、我が国は「地方の時代」を迎えています。2000年4月の第一次地方分権改革によって国と地方の関係が変化し、地方公共団体の権限と責任が大きくなりました。これに伴い地方行政制度改革や地域経済格差の是正、少子高齢化や国際化に関わる諸問題の解決など、地方公共団体が取り組むべき課題は増加しています。この状況に対応し、個性と活力ある地域社会の実現に向けて、地方の政治や行政において、高度な専門知識と実践力を備えた人材の養成が急務となっています。
こうした時代と社会のニーズに応えるべく、拓殖大学では09年4月に地方政治行政研究科を設置しました。本研究科では、政治や行政の理論を基礎に政策科学、公共経営学の実践的教育研究を展開し、「政策創造能力」「管理運営能力」「分析能力」という三つの能力の育成をベースに、地方の政治や行政の現場で、あるいはNPO活動やボランティア活動などにおいて、地域社会の未来を切り拓くことができるリーダーを養成します。

カリキュラムの特色

●特定の課題についての研究の成果による学位取得
本研究科では、修士論文のほかに、「特定の課題についての研究の成果」によっても修士の学位を取得できます。これは、特定の課題について、既存の文献や理論を理解した上で、政策創造能力、管理運営能力、分析能力等をいかし、自らの見解や政策などを論文にまとめるものです。
●オムニバス授業
一つの授業科目を社会の第一線で活躍している方を講師等として招き、その都度タイムリーなテーマを設定して行う授業です。
●インターンシップで実践力を養成
現役の政治家、自治体首長やシンクタンク等のもとでインターンシップを行います。地方の政治家が世論をどう集約し、どのように意思決定を行うのか。その際、いかに政治指導力を発揮するかなどについて、現場研修を通じて学びます。

開講キャンパス

文京キャンパス
・昼夜開講
・土曜日開講

PAGE TOP