法科大学院ガイド

関西大学法科大学院
私立(共学)大阪 カンサイダイガク

トップページ

専門性、人間性、創造性を兼ね備えた、世界を視野に活躍できる法曹を養成

関西大学法科大学院は、明治19(1886)年に大阪控訴院の裁判官らが児島惟謙らの後援を得て設立した関西法律学校に始まる法科の関大の伝統を引き継ぎ、実務法曹の養成機関の中核として開設しました。
開設時から本学の建学の精神である「正義を権力より護れ」という言葉に象徴されるように、市民のために役立つ法律家の養成に努めています。

『学習支援』『経済的支援』『就職支援』がさらに充実

本法科大学院は、法曹界に優秀な人材を送りこむことを社会的使命と考え、これまでの教育改革を継続させつつ、法曹養成機関としての信頼を得るために更なる努力を続けています。特に、「学習支援」「経済的支援」「就職支援」の3本柱を中心に、きめ細やかなサポートを行っています。

司法試験合格まで続く支援

「学習支援」では、若手弁護士がアカデミック・アドバイザー(以下、「AA」という)となり、正課授業科目の補完である「特別演習」を担当しています。また、AAが学生一人ひとりのメンターとして、学習上の相談に加えて学生生活等での悩みや不安に対して丁寧にアドバイスします。「特別演習」では、在学生および修了生が個々の習熟度に応じて講座内容をリクエストできるオーダーメイド型「特別クラス」を開講し、学生個々の学力に応じて確実に実力をつけることができるよう充実した講座を設けています。これらの他にも、専任教員らが修了生の動向を把握し、遠方で学習する修了生にも電話やメールなどにより、司法試験合格まで支援を行っています。

充実した給付型奨学支援制度

「経済的支援」では、入試成績優秀者または在学中の成績優秀者に対し、授業料の全額または半額相当額を奨学金として給付するほか、給付奨学金対象者以外の学生には学費の実質負担額を国立大学の授業料と同額にする「学習奨励金」を給付しています。

即戦力養成、法律事務所と密に連携

設立以来、司法修習終了者の就職率は100%(総数281人)を維持しています。これは就職支援委員会やOB・OG組織の「関大法曹会」による支援が充実しているからです。これらの「就職支援」をさらに強化するため、大阪・梅田に本学の実務家教員が代表社員弁護士を務める『弁護士法人あしのは法律事務所』を開設し、密に連携しています。同事務所では、司法試験に合格した修了生を受け入れ、新しい時代を担う弁護士として活躍できるスキルや知識を養成しています。

■概要

◎正式名称|関西大学大学院 法務研究科 法曹養成専攻
◎開講場所|関西大学千里山キャンパス以文館(阪急電鉄千里線「関大前」駅下車 徒歩約5分)
◎入学定員|40人
◎コース|法学未修者(標準3年)/未修者(長期履修学生制度4年)/法学既修者(短縮2年)
◎教員数|専任22人、兼担6人、非常勤講師※28人 [専任内訳]研究者12人、実務家10人
※2018年4月1日現在、委嘱が確定している非常勤講師の人数です

問い合わせ先
関西大学 専門職大学院事務グループ 法務研究科担当
大学院入試グループ
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL. 06-6368-1121(大代表)

PAGE TOP