全国通信制大学・大学院特集

九州保健福祉大学大学院 通信制
私立(共学)通信制 キュウシュウホケンフクシダイガクダイガクイン

トップページ

高度な専門家を育てる3研究科を開設

社会福祉学研究科 社会福祉学専攻(修士課程)

社会福祉の「援助技術」と言われるものには、個々の対象者に対するケアワークから、バリアフリーのまちづくり、所得保障、支援制度に関する法整備とその制度の充実、地域の社会福祉資源の整備と活用など、ソーシャルワーカーを軸とした幅広い援助活動の方法・技術が含まれます。本課程は、これらの幅広い領域を網羅し、実践的研究へと展開していきます。そのため「福祉カウンセリング論」「研究法・調査法」等の基礎的研究法から社会のニーズに則した実践分野に展開できるようカリキュラムを編成し、院生自身のテーマに沿ったより専門的な理論・方法・実践力の向上を目指しています。

連合社会福祉学研究科 社会福祉学専攻(博士後期課程)

博士課程は、系列大学である吉備国際大学との連合により、さらに多岐にわたる「社会福祉の実践」について科学的な視野から分析を加えられるようにしています。社会福祉のさまざまな臨床的場面で求められる効果的な援助技術を確立していくことを目指し、より高度な教育・研究を推し進めていけます。修士課程で修得した社会福祉援助技術をさらに発展させながら、創造的・独創的な研究方法の開発にも取り組めます。

保健科学研究科 保健科学専攻 修士課程、博士(後期)課程

修士課程では、保健医療の従事者(作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、臨床工学技士、看護師、保健師、助産師)を対象に、それぞれの領域における“最先端”の検査・治療援助・リハビリテーション技術を理論的・実践的かつ体系的に修得し、各分野で指導的な役割を担う人材を目指せます。そのためカリキュラムは、院生自身が希望する専門分野ごとに、高度な理論と実践的な技能を修得できるように構成しています。
また、博士(後期)課程では、修士課程より広い領域からの院生が集まり、さらに専門的な研究を行います。特にリハビリテーションに関する実践的・体系的な研究と、より高度な「研究技術」の修得を目的としています。ほとんどの研究科目に複数の教員を配置し、より細分化した研究ができるようなカリキュラムとなっており、各分野の「機能障害学」とそれに対応する「機能矯正学」を2本の柱に、保健医療に従事する現職者のレベルアップを図っています。

問い合わせ先
九州保健福祉大学 通信教育事務室
〒882-8508 宮崎県延岡市吉野町1714-1
TEL. 0982-23-5535
e-mail kuhw-tsushin@office.jei.ac.jp

PAGE TOP