法科大学院ガイド

千葉大学法科大学院
国立(共学)千葉 チバダイガク

トップページ

高度な専門知識と柔軟な思考力を修得した、人間性豊かな法曹の養成を目指す。

西千葉キャンパスのほぼ中央に位置する建物(4・5階)に、法科大学院の施設が集中。法律図書室と学生自習室は、24時間利用可能。

千葉大学法科大学院は、日々の現実の中に存在する法律問題を鋭く認識し、その公正な解決のために、プロフェッショナルとして法を創造的に用いることのできる法曹人材の養成を目指しています。その人材とは、柔軟な法的思考能力を有し、知的能力の高さに加えて、社会正義の実現に貢献する気構えを持ち、弁護士として最先端の法分野で活躍する場合でも、裁判官あるいは検察官として公に奉仕する立場においても、常に生活者の視点を忘れない「心」を持つ法律家です。本法科大学院では、「生きている一人ひとりのために」という理念のもと、市民の日常生活上の法律問題に積極的に取り組み、市民生活を支える法曹を志す人や、法による社会正義の実現に強く使命を感じる人を受け入れ、社会に貢献できる法曹養成に努めています。

シンプルでわかりやすい科目構成

ほとんどの科目は、半期15回2単位としたシンプルな構成になっています(「エクスターンシップ」「刑事模擬裁判」は、集中して行います)。
3年コース1年次の科目は、主として研究者教員が担当し法理論の基本を定着させます。基本を鍛えるのが応用力をつける近道だという考え方から、2年次でも公法系、民事法系、刑事法系の基本的実定法科目を履修します。
また、法をどのように適用するべきか、事例を用いてディスカッションを行う授業を通じて、法の一般原理の理解を深めます。原則として1クラス20人で行うインテンシブ(集中教育型)科目と位置付け、実務家教員によって行われる「民事実務基礎Ⅰ・Ⅱ」と「刑事実務基礎」では、実際の裁判記録を基に作られた教材を使い、裁判の流れに沿って、裁判官が法を適用していく場面を追体験します。
3年次実習科目の「エクスターンシップ」は、千葉県弁護士会の積極的な協力のもと、法律事務所において弁護士と共に依頼者・相談者から実際に話を聞いて、法的検討と法文書の作成を試みる科目です。同じく3年次科目の「刑事模擬裁判」では、現職裁判官、元検察官、弁護士の実務三者の教員が、実際の裁判員裁判の流れに沿った指導を行います。
そのほか、裁判傍聴、判例研究、刑事施設参観などの自主的な課外活動を活発に行っており、実務につながる専門知識を修得しやすくしています。

充実した施設・設備

法律図書室と学生自習室は、24時間利用可能で、自習室には全院生の座席が用意され、無線LAN環境が整っています。判例集、基本文献、雑誌などのデータベース検索用パソコンを備えた図書室は、自習室の隣にあり、活用しやすい環境を整えています。また、自習室だけでなく、自宅からもインターネットを利用して、判例・法令・法律文献データベースを利用することができます。授業情報など院生向け情報もインターネットで閲覧できるようにし、大学や自宅などのどこからでもアクセスすることができます。

■概要

◎正式名称|千葉大学大学院 専門法務研究科 法務専攻
◎開講場所|西千葉キャンパス(JR総武線「西千葉」駅下車 徒歩約2分、京成千葉線「みどり台」駅下車 徒歩約7分、または千葉都市モノレール「天台」駅下車 徒歩約10分)
◎入学定員|40人
◎コース|2年制コース(既修者)/3年制コース(未修者)
◎教員数|専任21人、兼担・兼任約50人(エクスターンシップ担当教員を除く)

問い合わせ先
千葉大学大学院専門法務研究科
〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL. 043-290-2349
e-mail gai2349@office.chiba-u.jp

PAGE TOP