法科大学院ガイド

専修大学法科大学院
私立(共学)東京 センシュウダイガク

トップページ

実務法曹として、優れた「議論による問題解決能力」を養成

法科大学院棟には、学習をサポートするためのさまざまな設備を完備。

五大法律学校の一つとして、長く法学教育に携わってきた専修大学は、建学の精神を現代的にとらえ直し「社会知性の開発」をモットーとしています。この「社会知性の開発」という理念を法科大学院教育にも生かし、人間性が豊かで、質の高い法曹養成に取り組んでいます。

法曹の基礎を徹底的に修得

市民が日常生活でぶつかる法律問題や紛争を解決できる法曹養成を基本理念にすえ、そのために法律基本科目の修得を重視しています。そこでカリキュラムは、法律基本科目群と実務基礎科目群の2群をセットにしてコア部分と位置付け、基礎法学・隣接科目群、さらに展開・先端科目群へと広がりを持たせながら学べるようにしています。公法系・民事系・刑事系の法律基本科目を体系的に理解しながら、「法曹倫理」「模擬裁判」「エクスターンシップ」「ロイヤリング」「クリニック」などの実務を学ぶことで、法曹の基礎力を養っていきます。

法曹養成にふさわしい充実した教育

授業にあたっては、シラバスの事前配布をはじめ、授業時間ごとの目標設定、理解度のチェックなど、丁寧な教育を行っています。クラス担任制、少人数、双方向授業、分かりやすい授業と共に、一人ひとりの学習進捗を確認しながら進めており、思考力と理解力を高められるようにしています。
授業以外でも、授業担当教員と本学法科大学院を修了した実務家講師が共同でプログラムのカリキュラムを決定し、個々の学生の到達度を確認しながら講義・演習を行う在学生支援プログラムを実施しています。
さらに校舎内には、法律事務所(今村記念法律事務所)を設置し、法律相談などに触れられる環境も整えています。

修了から合格までの指導

修了から合格するまでの間、弁護士によるアカデミック・アドバイザー制度を利用できたり、一定の要件を満たすことにより自習室と図書館を無料で利用することが可能です。

多様なニーズに応える入試。奨学生制度を拡充して進学を全力支援

一般入試の未修者試験において受験生が入試方法を選択または併願できるなど、多様なニーズに応じた柔軟性のある入試を実施しています。また、同日中に実施する入試の併願については追加の入学検定料を不要とするなど、受験生の経済的負担軽減にも取り組んでいます。
スカラシップ入試合格者全員を奨学生として採用する奨学生制度のほか、一般入試の成績優秀者も奨学生として採用しています。そのほかにも前年度の学業成績が優れている学生に対して奨学金を支給する今村力三郎記念奨学生制度があります。

■概要

◎正式名称|専修大学大学院 法務研究科 法務専攻
◎開講場所|専修大学神田校舎8号館(都営三田線・都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車 A2出口より徒歩1分、東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅下車 5出口より徒歩4分、JR「水道橋」駅下車 西口より徒歩6分)
◎入学定員|28人
◎コース|法学未修者(標準3年)/法学既修者(短縮2年)
◎教員数|専任21人、兼担17人、非常勤18人 [専任内訳]研究者16人、実務家5人

問い合わせ先
専修大学法科大学院事務課
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
TEL. 03-3265-6891

PAGE TOP