法科大学院ガイド

早稲田大学法科大学院
私立(共学)東京 ワセダダイガク

司法試験合格者メッセージ

ソクラテスメソッドによる授業ときめ細かな添削指導で、
妥当な解決策を導ける法論理構築力と文章表現力を修得。

●藏田 彩香さん(第72期司法修習生)
早稲田大学法科大学院 既修者コース2018年3月修了

小学生の頃に観たテレビドラマを通じて法曹の仕事に興味を持ち、法曹に憧れを抱くようになりました。大学進学にあたってもその思いは変わらず、法学部へ入学。早稲田大学法学部で学び始めると法曹を目指したい思いはますます高まり、早期卒業制度を利用して早稲田大学法科大学院に進学しました。
学部時代に働く女性に関わる法律問題に関心を持ち民法ゼミに入りましたが、そこで事例研究などをしてみると、社会で活躍する女性を、企業法務を通した予防法務によりサポートする法曹を目指したいと思うようになりました。そんな私の夢が叶う法科大学院はどこかなと思ったとき、早稲田大学法科大学院は学生一人ひとりが思い描く法曹像を目指せるカリキュラムが整っていること、女性法曹を増やしたり活躍したりすることをサポートすることに注力しているため、ここなら夢を叶えられると思い入学しました。

基本的な論点や判例の理解を深める授業が充実。
議論したり、発言したりすることで、応用力を養う。

2年次(既修者コース1年目)は、基礎的な論点や判例の理解を深める演習授業が中心です。ソクラテスメソッドによる授業は密度が濃いため、しっかりと予習して授業に臨むようにしました。授業中は、自習で演習問題の答えを思考した際に思った疑問点や法律の解釈はどうあるべきか迷った点などを重点的に確認するように努めました。また、自分の考え方を積極的に発信するようにし、誤って理解している点などに対する指導や意見を得るようにもしました。
3年次は演習形式の授業がさらに増え、課題として提示された事例問題の設問に対する自分なりの考えを文章化してまとめた上で授業に臨む科目が増えます。課題に対する答えは受講生全員で検討されるほか、先生から添削指導も受けます。法曹にふさわしい法論理構築力と文書表現力を養うことができたと感じています。
また、選択科目が幅広く用意されているため、私は企業法務に興味があったため、「企業法務の実務基礎」「企業法務調査とプレゼンテーション」「企業統治特論」など、企業法務の第一線で活躍する弁護士の先生が担当する科目を中心に受講しました。「エクスターンシップ」では企業法務関係の法律事務所で書面作成などの、法理論が法曹実務でどのように生かされているのかの実際を体験することができました。
法科大学院での学修は、自分が興味を持つ分野を幅広く学ぶことができる貴重な機会だと感じています。司法試験科目では無いという理由から、実務的な科目を受講しないのはとても残念なことだと思います。

基本的な法律知識の応用力が試される司法試験。
原理や原則、条文の趣旨をしっかりと理解することが大切。

司法試験では、基本的な法律知識と判例の理解を事案解決にどのように応用することができるのかという力が試されます。こうした力を身につけるのには、原理や原則、条文の趣旨をしっかり理解することが重要で、あまり発展的な内容にまで手を出し過ぎないことも大切だと思っています。早稲田の少人数クラスによる授業での細やかな指導、早稲田出身の若手弁護士が務めるアカデミック・アドバイザーによるゼミ指導や添削指導を通じて、盤石な基礎を身につけられたことが司法試験合格につながったと感謝をしています。多様な価値観を認め合う早稲田の学風とさまざまなバックグラウンドを持つ仲間との切磋琢磨で身につけることができた、視野の広さも司法試験で役に立ったと感じています。特に、社会人経験者の問題意識と知識は、法律と実社会の結びつきを理解する上でとても参考になりました。

PAGE TOP