全国大学院特集

愛知工業大学大学院
私立(共学)愛知 アイチコウギョウダイガクダイガクイン

経営情報科学研究科

経営情報科学研究科は、経営・情報・財務を学べる、昼夜開講制の融合型ビジネス系大学院です

●経営情報科学専攻(博士前期課程、博士後期課程)
経営情報科学研究科では、研究分野を「経営システム関連分野」「情報システム関連分野」「財務システム関連分野」の3つに分け、それぞれの分野を広く学んだ上で院生の希望するテーマに沿って研究を進めていきます。深く研究したい分野だけでなく、自らの知識が少ない分野についても学ぶことができるため、バランスよく3つの研究分野を修得することが可能です。

カリキュラムの特色

「経営システム関連分野」「情報システム関連分野」「財務システム関連分野」を学ぶ通常の講義に加え、豊富な実務経験を有する客員教授が担当する「国際経営論」「経営戦略論」、各領域を専門とする教員による「ワークショップ」、企業で就業体験をする「インターンシップ」などを開講、自らの研究分野はもちろん、関連する分野全般にわたる知識を身につけた応用力のある人材を育成します。

研究指導

経営情報科学研究科は、博士前期課程・博士後期課程ともに複数教員による指導を行います。入学時に院生から希望するテーマを聞き、その希望に応えられる教員を研究指導教員に、そのテーマに関連する分野の教員を研究指導補助教員とし、院生一人ひとりのニーズに合わせた指導を行っています。
また、研究を発表する機会を多く設け、院生の研究意欲を高めるようにしています。中間報告会や学内報告会の開催、学内雑誌へ論文を掲載します。また、優れた研究を行った院生には、学外研究機関・出版社が発行する雑誌への論文掲載や各種学会、報告会での研究発表などの機会を与えます。

社会人も無理なく学べる環境

昼夜開講制を導入しているほか、地下鉄名城線「自由ヶ丘駅」からすぐという通学しやすい自由ヶ丘キャンパスで必要な科目を履修できるなど、多忙な社会人が仕事と研究の両立をできるよう配慮しています。また、博士前期課程では、本人の研究内容や仕事の都合などに合わせて、修士論文もしくはリサーチレポート(履修科目2科目に関連する内容のレポート)のどちらかを選ぶことができます。

教員免許状の取得が可能

博士前期課程では、高等学校教諭専修免許状(情報)(商業)の取得が可能です。なお、免許状の取得には下記の条件が必要となります。
(1)高等学校教諭一種免許状(情報)(商業)を有していること
(2)指定の授業から24単位以上取得し博士前期課程を修了すること
詳しくは、経営情報科学研究科のホームページで確認して下さい。

PAGE TOP