全国大学院特集

同志社大学大学院
私立(共学)京都 ドウシシャダイガクダイガクイン

ビジネス研究科

ビジネス専攻

DBSで養成される実践的応用力

MBAとしての実践的応用力は、「ソリューションレポート」の作成によって磨かれます。 「ソリューションレポート」の作成は、演習科目である「プロジェクト研究」→演習科目である「プロジェクト研究基礎」およ び「プロジェクト研究」により、それぞれのテーマを専門分野とする教員の指導の下に進められます。テーマが多くの分野 にわたる場合は、複数の教員が相互に協力して指導に当たるシステムになっています。
ソリューションレポートとは、実務経験に触発されて設定したテーマについて、研究を 通じて作成された、実践的インプリケーションのあるレポートのこと。限られた修学期間中に修得できる研究方法は限定されているかもしれませんが、研究者の卵たちが採用する多様な研究方法を使用してももちろんかまいません。実務的インプリケーションは、十分な証拠、明快なロジック、既存知識の確認等があって初めて導出することができるのです。

ソリューションレポートのテーマ例

「研究開発型化学企業のR&D組織マネジメントに関する研究」
「A Study on Internal Communication in Global Organization Through the “SHIMADZU Way”Corporate Principle 
  多国籍企業における翻訳文書理解の認知ギャップ低減に関する考察」
「サービス業の原価企画における逆機能とその克服 “医療サービスにおける原価企画”に注目して」

最新の設備をもつ「新しい学舎」

DBSは、同志社大学今出川キャンパスの北西に位置する寒梅館(2階・3階)にあります。
2階教室は、受講生と教員、受講生同士が質問や討論等のコミュニケーションをはかりやすい設計となっているほか、プロジェクターやワイヤレスネットワークなどの設備を備えています。3階ビジネス研究科専用ラウンジ、プロジェクトルーム、図書室などは、学生証で、24時間、365日利用可能です。深夜まで学習する生徒のためのセキュリティー管理も万全です。 もちろん、無線LANも完備。空間も時間も存分に活用できます。

PAGE TOP