全国大学院特集

日本大学大学院(通信制)
私立(共学)通信制 ニホンダイガクダイガクイン

総合社会情報研究科(博士)

総合社会情報専攻

初年次教育の必修科目(4 単位)として国際情報論特講を設定

1)e-learning による通信教育(在宅学習)
経営・経済及び国際(関係)・政治の各分野において基礎となる専門知識の習得が可能となる基本書を選定し、あらかじめ設定された課題についてレポートの提出とそれに対する担当教員の指導を繰り返す、双方向型の学修を行う。学修成果については、最終リポートの完成度、作成過程における質問、リポートの改善状況、等により評価を行う。
2)スクーリング(対面授業)
①経営・経済及び国際(関係)・政治の各分野において基礎となる専門知識の習得をさらに深めるために、アクティブラーニングや質疑を多く取り入れた双方向型の学修を行う。学修成果については、発表や発言などの参加度とスクーリング終了後に提出されるリポートにより評価を行う。
②質の高い修士論文の作成のために必要な基本的知識と能力の習得を目指し、質疑を多く取り入れた双方向型の学修を行う。学修成果については、発表や発言などの参加度、及び研究計画書(研究経過報告書)により評価を行う。

専門教育

専門教育として、経営・経済の分野においては経済理論を中心とした科目群、グローバル経営戦略を中心とした科目群、ファミリービジネス論を中心とした科目群、国際(関係)・政治の分野においては国際情報論を中心とした科目群、現代政治論を中心とした科目群、をそれぞれ設定し、e-learning による通信教育(在宅学習)を実施する。
基本書を選定し、あらかじめ設定された課題についてレポートの提出とそれに対する担当教員の指導を繰り返す、双方向型の学修を行う。学修成果については、最終リポートの完成度、作成過程における質問、リポートの改善状況、等により評価を行う。
なお、専攻科目の選定にあたっては、特別研究の指導教員が学生の希望を尊重したうえで履修指導を行う。

特別研究

国際情勢の帰趨と世界と日本の在り方に対する広い視野と鋭敏な感覚を持ち、経営・経済及び国際(関係)・政治の分野で、指導的かつ先端的な役割を担い、国際化・グローバル化の現代課題に自主的に取り組むことができる資質・能力を習得するため、特別研究を必修科目として設定し、以下の内容を実施する。
審査に合格する修士論文を作成するために、研究目的の設定、先行研究のレビュー、仮説の構築、論証(検証)、論証(検証)結果の考察などについて、対面式あるいはWEBを使ったゼミ形式により、マンツーマンの双方向型の学修を行う。学修成果については、論文の完成度、論文作成過程におけるコミットメントの程度、等により評価を行う。

PAGE TOP