全国通信制大学・大学院特集

京都橘大学 通信教育課程
私立(共学)通信制 キョウトタチバナダイガク

在学生VOICE

看護の現場で役立つ心理学を学ぶために入学。学んだことが実践で生きています。

京都橘大学 健康科学部 心理学科  通信教育課程 4年
●田村 恵子さん(看護師)

看護師の心をケアするために心理学を学びたかった。

田村さんは、看護師を目指す学生への教育や新人看護師の育成に携わっている。今の仕事は人の成長を促す、やりがいのある仕事だと感じている。
「看護師のなかには、がんばり過ぎてしまい、心を病んでしまう人もいます。そうした看護師を支えるには心のケアが大切だと思い、心理学を学ぶことにしました。たちばなエクールは心理学を幅広く学べるカリキュラムで、自宅を中心に学べる学習システムも整っています。仕事を持つ私でも無理なく学べると思い、たちばなエクール(京都橘大学通信教育課程)に入学しました。学ぶ上で不安に思う点については、入学前の説明会ですべて質問をして解消できました。安心して学習に取り組むことができています」
たちばなエクールは、心理学の基礎から応用までバランス良く体系的に学べるカリキュラム。テストやレポートも、自宅のインターネットを利用して提出できる学習システムが整っている。スクーリングは最少4日間(正科生1年次入学の場合)。※ 忙しい社会人でも学びやすくなっている。
※正科生2・3年次編入学の場合は最少8日間。

心理学で学んだことが職場で生きることを実感。

コーチング心理学で学んだことや傾聴の知識を、田村さんは看護師の心のケアで生かし始めている。
「心理学を学ぶ前は、私ばかりが相手にどんどん話しかけていましたが、授業での傾聴を学んだことで、相手の話を聴くことの大切さに気づき、それを実践してみました。すると、さまざまな悩みを自ら話してくれるようになりました。時間をかけて話を聴きながら心のケアをしていくと、心の健康を取り戻せたのです。学んだことが実践で生きることを実感することができ、学びたい気持ちがさらに高まっています」
たちばなエクールは、24時間、何度でも受講できるメディア授業が豊富。田村さんはメディア授業を楽しみながら受講している。
「メディア授業では先生が丁寧に教えてくれるので、苦手意識があった科目も、理解しやすかったです。スクーリングで受講した演習も体験を通して学べるのが魅力。先生の人柄が伝わってきて、親しみやすさを感じながら、楽しく受講しています」
田村さんは、スケジュールを立てて計画的に学習することを心がけている。
「仕事と家庭があるので、無理のない計画を立てて学習しています。今年の目標は、卒業と認定心理士の資格取得です。目標達成に向けて頑張ります」

■仕事充実度  ★★★★★

心理学を学ぶ前と学んできた今の自分を比較してみると、随分、成長できたと感じています。学んだことをすぐに実践して、ストレスを抱える看護師や患者さんの心のケアに役立っている手応えを感じられる、充実感を味わっています。

■人生充実度  ★★★★★

仕事と家事をこなしながら学習するのは簡単なことではありませんが、その分、日々の生活が充実していると感じています。家では、子どもと一緒に学習することもあり、大学で学ぶことが、子どもとのコミュニケーション機会にもなっています。

PAGE TOP