法科大学院ガイド

中央大学法科大学院
私立(共学)東京 チュウオウダイガク

トップページ

「伝統と実学の精神」を旨として、多様な分野で活躍できる次代の法曹を養成

模擬裁判を行う模擬法廷、専用図書室、自習室、PC教室など充実した学修環境が整っている。

中央大学は、1885(明治18)年に18人の少壮法律家によって設立された「英吉利(イギリス)法律学校」として開学以来、数多くの人材を法曹界に輩出してきました。中央大学法科大学院は、こうした伝統を踏まえ、多様な分野で活躍できるリーガル・ゼネラリストおよびリーガル・スペシャリストの養成に一層貢献できるよう、多彩な展開・先端科目を設置するなど、修了後に多様な分野で活躍できるカリキュラムを編成しています。また、本法科大学院が養成する法曹像としては、①「市民生活密着型ホーム・ローヤー」②「ビジネス・ローヤー」③「渉外・国際関係法ローヤー」④「先端科学技術ローヤー」⑤「公共政策ローヤー」⑥「刑事法ローヤー」の6モデルを掲げています。

法律基本科目から展開・先端科目までの充実したカリキュラム

カリキュラムは、個々のキャリアプランに即して、段階的かつ体系的に学べるよう、四つの科目群から構成されています。「法律基本科目群」では基礎的かつ汎用的な法律知識・能力の養成を目的とし、コモン・ベーシックとなる公法系、民事系、刑事系といった基本法領域の学修を重視しています。ローヤリング、リーガル・クリニックなどの「実務基礎科目群」においては、依頼者の抱える法律紛争を解決したり、法曹に求められる倫理について具体的事例に即して解決策を考えるなど、実践的な教育を行っています。また、「基礎法学・外国法・隣接科目群」では、人間と社会についてグローバルな視点から、深い洞察力を育む教育を提供しています。
さらに、リーガル・スペシャリストの養成およびポスト・ロースクールに向けた「展開・先端科目群」では、発展的・先端的な法領域を学べる充実した科目を用意し、より理論的で実践的なレベルの高い教育を実現しています。授業に際しては、研究者教員と裁判官・検察官・弁護士などの実務家教員が十分に協議・連携して指導に当たっています。

個別学習指導をはじめとした、充実の学修支援

法律基本科目の授業はクラス制とし、クラス・アドバイザーとして各クラスに2名の専任教員を置くことで、丁寧に学生の理解度を確認しつつ、学修方法の指導に当たっています。また、専任教員によるオフィス・アワーの機会や、実務の第一線で活躍している若手弁護士(実務講師)による「フォローアップ演習」等を通じた学修相談の機会も設けています。
さらに、入学前においても、入学手続を行った方を対象とし、学習方法等に関するアドバイスを行う「入学前説明会・学習相談会」を実施しています。

学修を支える特色ある施設・設備。手厚い就職支援

裁判員裁判に対応した模擬法廷を有し、元裁判官・元検察官・弁護士および法科大学院生による模擬裁判の授業で利用しています。また、法科大学院生専用の図書室は、判例、和・洋図書、法律雑誌を収蔵すると共に、約160席の閲覧席を有しています。さらに予習・復習をはじめ、必要なときに学修できる学生各人専用の自習席や、パソコン環境を備えています。Cplus(在学生・修了生向けポータルサイト)の導入により、履修登録、講義要項の閲覧、授業に関する教員からの指示やレポートの提出などが行いやすい環境を整備しています。
「リーガル・キャリア・サポート委員会」を設置し、独自の説明会・講演会や個別カウンセリングなども企画・実施しているほか、弁護士事務所や民間企業からの求人情報を独自に収集・提供するサービスも実施しています。

■概要

◎正式名称|中央大学大学院 法務研究科 法務専攻
◎開講場所|(都営新宿線「曙橋」駅下車 徒歩約3分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅下車 徒歩約8分、都営大江戸線「牛込柳町」駅下車 徒歩約10分、JR総武線「市ケ谷」駅下車 徒歩約13分、JR中央線「四ッ谷」駅下車 徒歩約13分)
◎入学定員|200人(法学既修者150人、法学未修者50人)
◎コース|法学未修者(3年コース)/法学既修者(2年コース)
◎教員数|専任60人、兼担8人、兼任72人

問い合わせ先
中央大学法科大学院事務課
〒162-8473 東京都新宿区市谷本村町42-8
TEL. 03-5368-3572

PAGE TOP