法科大学院ガイド

北海道大学法科大学院
国立(共学)北海道 ホッカイドウダイガク

トップページ

21世紀社会を担う「大志ある法曹」の養成を目指す

民事法基礎ゼミ・刑事法基礎ゼミでは、学生を小グループに分け、中堅と若手の弁護士がペアとなり指導。

北海道大学法科大学院は、21世紀にふさわしい高度な専門性と幅広い視野、さらに人権感覚と倫理性を身に付けた法曹の養成を目指しています。「北の大地に日本最高水準の法科大学院を創る」という理想のもと、「豊富で質の高い教授陣」をそろえるとともに、「理想的な学習環境」の整備に努めてきました。
教授陣は、優れた研究成果を公にしてきた研究者教員と、札幌弁護士会の全面的な協力のもと、第一線で活躍中の実務家から構成され、最高水準の理論を踏まえた授業、多様で水準の高い実務的教育を展開しています。学習環境については、講義室、演習室、コンピュータ・ルームに加えて、24時間利用可能な自習室(一人1席)と専用図書室を整備。キャンパスは札幌の都心に位置し、「理想的な生活環境」にも恵まれています。

企業法曹や市民法曹を目指せる、5種類のプログラム

学生の多様な関心に応えつつ、体系的な学習ができるように5種類のプログラムを提供しています。3年課程(法学未修者)の場合、1年次に「基礎プログラム」を履修し、法学の基本知識を身につけます〔2年課程(法学既修者)では免除〕。その後、「深化プログラム」によって法曹に必要な法律基本科目の知識を深めるとともに、「法実務基礎プログラム」で実務家に不可欠なノウハウを学びます。
さらに、各自の志望や関心に応じて、「先端・発展プログラム」において応用的な知識を身につけたり、「学際プログラム」を利用して幅広い知見を修得したりすることができます。

先端法分野に精通した法曹を養成

先端法分野のエキスパートによる「先端・発展プログラム」を多数開講し、実務に直結した最新の知識を提供します。特に知的財産法の分野では、情報法政策学研究センターを中心として行われる、国際的研究活動を踏まえた最先端の理論および実務的知見を学ぶことができます。

実務家によるゼミ

3年課程では1年次に、学生を小グループに分け、中堅と若手の弁護士がペアとなり指導にあたる、1年間10回にわたる民事法基礎ゼミ・刑事法基礎ゼミを開講しています。また、2年課程でも1年次に、既修者ゼミ(民事)を同様の方法で1年間7回開いています。
これらのゼミを通じて、法的知識・思考力・センスだけでなく、目指すべき法律家とその業務の具体的なイメージを体得します。将来の進路や目標を考える手がかりを得られるのが特色です。

■概要

◎正式名称|北海道大学大学院 法学研究科 法律実務専攻
◎開講場所|北海道大学 札幌キャンパス(JR「札幌」駅下車 北口より徒歩7分)
◎入学定員|50人
◎コース|標準3年課程(標準3年)/短縮2年課程(短縮2年)
◎教員数|専任23人 兼担19人 非常勤30人 [専任内訳]研究者17人 実務家(弁)4人(裁)1人(検)1人

問い合わせ先
北海道大学大学院法学研究科・法学部学事担当
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西7丁目
TEL. 011-706-3964 FAX. 011-706-4948
e-mail lawschool@juris.hokudai.ac.jp

PAGE TOP