法科大学院ガイド

慶應義塾大学法科大学院
私立(共学)東京 ケイオウギジュクダイガク

研究科長メッセージ

「国際性、学際性、先端性」の理念のもと、21世紀における法化社会の先導者を養成します

●法務研究科委員長
高田 晴仁

◎プロフェッショナルとしての法曹
プロフェッショナルとして、基本的な法的知識と法的思考能力を身につけ、真摯に「事実(紛争)」に対峙し、「厳しさ」と「倫理」を通して、「信頼」を獲得することが求められます。そのために、重層的に、徹底してプリンシプルを指導します。

◎社会の先導者としての法曹
21世紀社会においては、絶えず変化する社会のニーズを的確に掴み取り、法の理念(正義や公平)に照らして整序した上で、法を適用し、さらには立法上、法解釈上、法政策上の具体的な提言に結びつける能力が求められます。自らを高め、新たな価値を社会に提示しようとする、社会の先導者を養成します。

◎フォーラムとしての法科大学院
「半学半教」という良き伝統のもと、同じ志を持った教員、先輩による後輩の指導が行われています。本法科大学院は、修了後も集うことができるフォーラムです。さらに短期海外留学プログラムや法曹リカレント・プログラムも充実させています。

●法学未修者コースと法学既修者コース

慶應義塾大学法科大学院では、法曹を志す方々が様々なバックグラウンドを有することを踏まえ、法学未修者コースと法学既修者コースを設けてカリキュラムを展開するとともに、多様な選抜方式により、入学者選考を実施しています。

PAGE TOP