法科大学院ガイド

岡山大学法科大学院
国立(共学)岡山 オカヤマダイガク

トップページ

公平な司法サービスをすべての国民に。地域法曹界の「核」を担うロースクール。

人々の生活と権利を守り、信頼される法曹を育成

岡山大学は、半世紀にわたり多くの人材を法曹界へ輩出し、その数は中・四国で最多を誇っています。岡山大学法科大学院は、これまでの伝統と実績を基に、地域法曹界の「核」を担うべく、「地域に奉仕し、地域に根ざした法曹の養成」を教育の基本理念としています。これにより公平な司法サービスが広く国民に提供できると確信しています。実際に、本大学院出身者の多くは中・四国の弁護士として幅広く活躍しています。

医療・福祉とビジネス法に強い人材を育成

地域の実態や法実務を踏まえ、法曹養成にあたっては時代のニーズをとらえた2分野に重点を置いています。第1に、地域の人々の生活に密接にかかわり、医療・福祉や身近な生活上の問題を解決できる、豊かな人権感覚を持った人材の育成です。第2は、地域経済の発展や地域の経済活動を支える、広い意味でのビジネス法に強い人材の育成です。
カリキュラムは、創造的思考力と判断力を養うことを目標に、社会のニーズを反映した実践的な履修科目を充実させています。法律基本科目群で、公法、民事法、刑事法の基本的知識の修得と法的思考能力を養成し、実務基礎科目群で、将来の法曹として必要な法理論と実務を結び付けて学びます。展開・先端科目群は、医療・福祉を専門とする法律家を目指す「医療・福祉系」と、ビジネスローヤーを目指す「法とビジネス系」とに分かれ、より専門的な知識を修得できます。
講義、演習は基本的に双方向型で行われ、問題発見能力や問題解決能力を身につける密度の濃い内容となっています。

充実した教員構成で、理論と実務の架橋を実現

教育経験豊かな中堅教員を中心に、新進気鋭の若手教員をバランスよく配置して、学生の旺盛な勉学意欲に十分応える教授陣を揃えています。専任教員には5人の実務家教員(弁護士、うち一人は元検察官)を含み、研究者教員とのチームプレイによる演習を行っているほか、派遣裁判官や派遣検察官による授業も行っています。また、岡山弁護士会の協力のもと多数の弁護士を非常勤講師として招いているほか、学内の附設法律事務所を中心に、充実した「クリニック」や「エクスターンシップ」などの実務教育を実施しています。理論と実務の両面をバランスよく並行して、効率的に学べます。
さらに、在学中のサポート体制は万全であるほか、修了後も一定期間、法務研修生として在学時と同様に学習環境を利用できます。
また、2012年度には弁護士研修センターを設置し、新人・若手弁護士を組織内弁護士として輩出しています。

■概要

◎正式名称|岡山大学大学院 法務研究科 法務専攻
◎開講場所|岡山大学 津島キャンパス(JR「岡山」駅西口から岡電バス「(岡山大学経由)岡山理科大学」行に乗車「岡大西門」下車。JR津山線「法界院」駅で下車 徒歩約15分)
◎入学定員|24人
◎コース|法学未修者(標準3年)/法学既修者(短縮2年)
◎教員数|専任17人、兼担3人、非常勤45人以上 [専任内訳] 研究者11人、実務家(弁)5人、情報処理スタッフ1人

問い合わせ先
岡山大学大学院法務研究科
〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1
TEL. 086-251-7358
e-mail ggg7372@adm.okayama-u.ac.jp

PAGE TOP