全国大学院特集

名古屋学院大学大学院
私立(共学) ナゴヤガクインダイガクダイガクイン

奨学金

奨学金

・名古屋学院大学大学院奨学金(学業成績・人物ともに良好で、経済的理由により修学困難な学生の中から選考のうえ、学費減免のための奨学金として、年額24万円を給付)
・独立行政法人日本学生支援機構奨学金
・その他団体の奨学金

授業料減免制度

◎大学院シニア学生授業料減免制度
大学院で学びたい、研究したいと考えているシニア層(満55歳以上の方)の学びや研究を経済的に支援する制度で、本学大学院に入学後、4月1日現在の年齢が満55歳以上であって、一定の条件を満たした場合、入学年度の授業料の50%の減免を受けることができます。
◎私費外国人留学生授業料減免制度
本学大学院の正規課程に在籍する私費外国人留学生(留学ビザ取得者に限定)で、経済的理由により修学困難な場合、一定の条件を満たせば、学業継続を支援することを目的にその年度の授業料の50%を減免する制度があります。

研究奨励金

◎大学院生共同研究・プロジェクト型研究奨励金
本学大学院では、院生の研究活動の活性化と研究水準の向上を図るため、各研究科・専攻において継続的・系統的に研究すべき基幹となる研究テーマを選定し、そのテーマに沿って複数の院生が1つの研究課題を共有して、協働的な研究活動を推進することを奨励しています。院生が行なう共同研究またはプロジェクト型研究に対して、大学院生研究奨励金を1件あたり年間15万円を限度とし、支給します。
◎大学院教育研究振興補助金
本学院生または指導教員が学術論文、著書を公刊した場合、そこに至るまでに要した教育研究費用に対し、一定の条件のもとで、個人研究10万円、共同研究は1人10万円として人数分合計額を、それぞれ限度額として支給します。

教育訓練給付制度

経営政策専攻(博士前期課程)は、厚生労働省より「一般教育訓練講座」の指定を受けていますので、同専攻を修了後、授業料として要した金額の一部について、教育訓練給付金の支給を受けることができます。

PAGE TOP