法科大学院ガイド

法政大学法科大学院
私立(共学)東京 ホウセイダイガク

トップページ

充実したスタッフにより、柔軟な思考力を持つ法曹を育成

一人1席の専用キャレル(自習席)を完備のうえ、無線ランによるインターネットの利用が可能。校舎は法科大学院専用建屋(写真は専用キャレル)。

法政大学は、自由と進歩を標榜する学風のもと、研究業績に優れた教員により、特色ある法学研究・教育を行ってきました。本学法科大学院では、司法試験委員経験者や司法研修所教官経験者を中心とした経験と実績の豊かな教授陣による教育、基本科目を重視したカリキュラムと先進的な実務教育、充実した設備という万全の体制を整え、人間性と専門知識、そして複雑化する現代社会の法律問題に対して柔軟かつ適切に対応できる創造的応用力を身につけた法曹の育成を目指しています。

基本を重視した少人数教育

法律基本科目を中心に、基礎的知識の正確な理解を図り、基本的な論点について、結論を導き出す論理構成の能力とそれを文章で表現する能力の涵養に重点をおいた教育を目指しています。また、法律基本科目は1クラス10人を標準とした少人数教育を実施し、質疑応答を中心とした双方向型授業により、基礎的知識の正確な理解とその応用能力および表現能力の養成に重点をおいた手厚い教育を実践しています。

充実した実務教育

本学では、「民事訴訟実務の基礎」、「刑事訴訟実務の基礎」といった必修科目を設置し、学生は起案や模擬裁判を体験して実務の概要を身に付けていくことができます。また、研究科内に法律事務所を開設し、選択科目「クリニック」「ローヤリング」「エクスターンシップ」を設置しています。「クリニック」では、事件の受任、交渉・調停・訴訟という手続きの流れ、各種展開、そして事件の終結に至るまで、各段階に対応した法的対応のあり方や技法を学べます。「ローヤリング」では、無料法律相談所における法律相談に同席します。また、「エクスターンシップ」では、協力事務所、各種団体への派遣・研修を受けることができます。

■概要

◎正式名称|法政大学大学院 法務研究科 法務専攻
◎開講場所|法政大学法科大学院棟(JR、都営新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」駅下車 徒歩10分。JR、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線「飯田橋」駅下車 徒歩10分)
◎入学定員|30人
◎コース|法学未修者コース(3年)/法学既修者コース(2年)
◎教員数(2018年度)|専任17人、兼担7人、兼任26人 [専任内訳] 研究者10人、実務家(弁)4人、(裁)2人、(検)1人

問い合わせ先
法政大学大学院事務部専門職大学院課
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
TEL. 03-3264-9928 FAX. 03-3264-9885
e-mail lawschool@hosei.ac.jp

PAGE TOP