法科大学院ガイド

明治大学法科大学院
私立(共学)東京 メイジダイガク

トップページ

21世紀をリードする、人権を尊重し、「個」を大切にする専門法曹を養成

専門法曹を養成する駿河台キャンパス「アカデミーコモン」。8~10階で法科大学院の授業を展開している。

明治大学法科大学院は、大学の建学の精神である「権利自由」「独立自治」を、21世紀を担う法曹に不可欠の資質として継承し、これまでの法曹教育で発揮してきた「人権の尊重」「『個』を大切にする」精神をさらに発展させた教育を展開しています。
社会が複雑化・多様化していく中、これからの法曹には専門性が求められることから、本法科大学院では現代社会において最も重要とされている「企業関係法務」「知的財産関係法務」「環境関係法務」「医事・生命倫理関係法務」と、伝統的な強みである「ジェンダー関係法務」の5分野を展開・先端科目で重点的に学べるようにしています。
知的財産の分野では特許庁経験者を教授に迎え、実務的な面からも学べる環境を整備しています。また、ジェンダーや環境の分野では、国内でもトップクラスの研究者を迎えています。わが国初の女性法曹を誕生させるなど、多くの女性法曹を輩出してきた伝統のもと、男女共同参画社会の形成に寄与できる法曹を目指せます。

法理論と法実務を架橋するカリキュラムと講師陣

カリキュラムは、法理論と法実務の架橋を強く意識した編成にしています。また、1年次は基礎的能力の定着を図ることを目的に、必修講義科目の開講クラス数を増やしています。
法律基本科目群と展開・先端科目群には専任教員による「総合指導」を設置し、多角的な視点から問題の解決方法を見いだせる能力を養えるようにしています。法実務における実践的能力の育成を目的に、「法情報調査」「模擬裁判(民事)」「模擬裁判・法文書作成(刑事)」「ローヤリング」、明治大学法曹会の支援による「法曹実務演習1」、人事院との連携による霞ヶ関インターンシップ「法曹実務演習2」などの科目も置いています。
法曹三者に対応した法曹実務教育と、専門性を持つ法曹育成の実現を目指し、法学研究や法曹実務の経験豊富な教員が指導に当たっています。特に、女性法曹養成に歴史があることから、女性教員の比率が高い(全専任教員の約26%)のも特色です。

独自教材と教育補助講師制度で、特色あるきめ細かな教育を実現

汎用的で一般的な教科書だけでは、特色ある法曹教育は望めないとの考えから、独自に教材を開発しています。専門的な法知識を修得すると共に、批判的精神や発展的かつ創造的な思考力、法分析力、法的論理力を身につけられるようにしています。
さらに、きめ細かな教育・指導を実施するため、「教育補助講師」制度を導入しています。本法科大学院を修了した若手弁護士である教育補助講師が常駐し、学習相談(個別・グループ)などに応じています。全学年を対象とした「クラス担任制度」では、補習及び面談による学生へのサポート体制をより強化しています。
また、明治大学法曹会の若手弁護士が中心となってゼミやセミナーの機会を提供したり、学習指導を行うなど、法律学の理解を実践的に深めていく体制も整えています。

■概要

◎正式名称|明治大学専門職大学院 法務研究科 法務専攻
◎開講場所|明治大学 駿河台キャンパス(JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車 徒歩3分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅下車 徒歩5分、東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町」駅下車 徒歩5分)
◎入学定員|40人(法学未修者コース10人 法学既修者コース30人)
◎コース|法学未修者コース(3年)/法学既修者コース(2年)
◎教員数(2018年6月現在)|専任26人、特任5人、兼担15人、兼任23人
[専任内訳] 研究者17人、実務家(弁)5人※、(裁)2人※、(検)2人  ※経験者数を含む

問い合わせ先
明治大学専門職大学院事務室(法科大学院)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL. 03-3296-4318

PAGE TOP