法科大学院ガイド

法科大学院・研究科長インタビュー

法科大学院選びにあって、
法曹養成像、教育方法、アドミッションポリシーを理解しておきたい

法科大学院は、建学の精神や教育・研究実績などを踏まえ、特色ある法曹養成教育に取り組んでいる。どのような教育体制を敷いたり、どのような法曹の養成を目指しているのか、法科大学院の特色を理解することで、法科大学院選びの参考にしてほしい。

愛知大学法科大学院

令和2年司法試験合格率は77.7% (法科大学院 第1位)。 地域社会に貢献するホーム・ローヤー、ビジネス・ローヤーを養成

法科大学院長 上田 純子

詳細を読む

慶應義塾大学法科大学院

「国際性、学際性、先端性」の理念のもと、21世紀における法化社会の先導者を養成します

法務研究科委員長 北居 功

詳細を読む

中央大学法科大学院

全国に広がる法曹ネットワークと親身できめ細やかな教育。2021年度入試では未修者コースに11月実施の新入試を設定

法務研究科長 小林 明彦

詳細を読む

日本大学法科大学院

段階的に発展するカリキュラムと双方向型授業を通して、社会で高い能力を発揮する法曹を養成しています

法務研究科長 小田 司

詳細を読む

法政大学法科大学院
廣尾 勝彰

法律の基本の修得を重視した少人数教育で、複雑な法律問題に対処できる柔軟な思考力を養成

研究科長 高須 順一

詳細を読む

明治大学法科大学院

体系的なカリキュラムと少人数教育により、学生の個性や習熟度に応じた教育を行います
支える法曹人材を養成します

法務研究科長 高倉 成男

詳細を読む

早稲田大学法科大学院

人と社会と世界に貢献できる優れた法律実務家を養成

 

研究科長 松村 和徳

詳細を読む

法科大学院ガイド

PAGE TOP